国家資格の職種です|整体師になるには知識と国家資格が必要不可欠

整体師になるには知識と国家資格が必要不可欠

男女

国家資格の職種です

ハート

仕事の内容

診療放射線技師とは、医療現場でエックス線撮影や放射線撮影を取り扱う仕事で、それ以外にもCT、MRI、超音波などの高度な技術を必要とする検査などを行う仕事です。 エックス線や放射線、CTやMRIなど、体内を映像で診断できる検査方法は、現代の医療にとって欠かせない検査方法となります。また、癌細胞の破壊や転移を防ぐ治療にも放射線治療が用いられ、その治療も診療放射線技師によって行われます。高度な医療機器が必要な為、比較的大きな病院で勤務することが多く、救急病院や大学病院などが活躍の場となることが多くなります。医学的な知識はもちろんのこと、画像作成のために電子工学やコンピュータの知識など幅広い知識を必要とする仕事です。

資格取得まで

診療放射線技師になるには、国家試験に合格する必要がありますが、国家試験を受験するためには、文部科学大臣指定の学校か、厚生労働大臣指定の養成所で3年以上必要な知識や技術を修得し、卒業しなければなりません。具体的には、医療系専門学校や大学の専門学部を卒業することで、国家試験を受験することが出来ます。 ただし、専門学校も大学や短期大学も、学部名や学科名が統一されていないので、本当に診療放射線技師の国家試験が受けられるのかどうかを必ず確認する必要があります。まだあまりメジャーな学部ではなく、全国で大学短期大学、専門学校を合わせてもそれほど数は多くありません。診療放射線技師になるには、その少ない進学先に進学する必要がありますから、しっかりと下調べを行い進学先の決定を行いましょう。